アトリエができるまで



アトリエが出来るまでをchielのブログより少し詳しく書いてみようかなーと思って
アトリエ作りだけのブログを作りました。

いつか自分のお店を持ちたい!と何年もずっと思い続けてやっとその第一歩を踏み出す事になりました。

どうしてお店が欲しいって思ったか…ここ重要。
ずいぶん昔だけどこの日記はそこからスタートかなぁっと思って昔話させて頂きます。

モノを買うのって、必要性や合理性だけではないと私は思っています。
記念であったり、決意の証しだったり、ご褒美だったり、店の空間と交わす会話を楽しんだり…
そういうことも含まれてると思う。

そう思うようになったのはあるお店とそのオーナーと出会ってでした。
小さなアンティークショップで老紳士がオーナーをしていて
何度も何度も店の前まで来るのだけど、
自分がこの店にふさわしい客でないような気分になって遠くから見てるだけだった。
意を決して入った日は、好きな人に告白する前みたいにドキドキした。

がちがちに緊張してた私にオーナーは「コーヒーでもいかがですか?」
と椅子を用意してくれてアンティークの商品の由来や歴史をたくさん話してくれた。
その実物を手に取って、古びた本を出して来てくれて一つ一つ説明してくれた。

アクセサリーを作りたい事なんかまでついつい話して、
「ここはそういう人がよく来るんですよ。資料がたくさんありますからね。
あなたも頑張って下さいね。」と言って頂いた。
それはもう、ほんとに感動して、ぽーっとなってしまった。
アクセサリーでご飯を食べていけるようになったらこの店で
記念にご褒美を買おうと思った。
その後間もなく会社を辞めてアクセサリーを作る道に入っちゃいました。

その店は私にとって、ターニングポイントでいつかあんなお店を持ちたい、
あんな空間と時間の流れを作ってみたい…そこに自分の作ったモノを置いてみたいって思うようになった。

小さな店なのに雰囲気にのまれてしまう。
お客であっても貫禄に負けて入れない…。
で、頑張って入ってみたらすっごい優しくて温かい接客。

これ!!!!!って思った。

それがしたくて店を作る。
これがアトリエゲットの理由。

ってことで目指す理想のアトリエ兼お店作りスタートです。

昔話と理想論はこれでおしまい。
次回からは、ほんとに作っていく、ひぃひぃしてる状態を書いていきます。
ほんと、理想と現実の差は激しい…。


chielの普段のブログもアトリエのこと、書いてます。
こちらもどうぞ。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

links

profile