居住区続き

 元のキッチンです。
廃墟…。
見て頂きたいのは小さな窓。
引きちがいの換気の為の窓だったのかな?
何故かペールグリーンのペンキ。


を、サンダーで削る!
私はペンキべったりが嫌いだ。はげてるのは更に嫌いだ。
この色が嫌いだ!
でもこの窓は使いたい。
だからペンキを取っちゃいます。
右が元の。左がサンダーをかけた後。
ね?買わなくても、新たに作らなくってもいけるでしょ?

それを居住区につけました。右の小さな小窓です。
窓の向こうは洋間です。
空気の入れ替えと明かり取りに…と思ってつけることにしました。
もちろん壁に付いている窓の枠も窓ガラスも金沢邸産廃材です。

この観音開きの窓は新しく作ったものです。
ちゃんと調整を軍曹がしてくれてるので古くても新しくても
同じように見える。


フローリング。
パテの粉だらけを一生懸命掃除して、やっとお目見え。
端っこの色が一枚違うのは軍曹が注文し間違えて…これまた廃材で
急遽作ったフローリングだから。
ま、いいんだ。使っていけばいつか同じ色になるよ。

フローリング材だけ無塗装です。
塗るのかワックスをかけるのか何にもしないのか迷ってる。
ワックスは現場監督に優しいワックスでなければ…。
足の油が一番良いワックスだそうだけど…。

私の野望としては禅寺の廊下です。
あんなとこワックスなんてかけてないよね?
ひたすら裸足で歩いて雑巾で拭くのか!?
…100年ぐらい…。

いい感じになった頃には、私確実に死んでる。



chielの普段のダイアリーはこちら↓



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

archives

links

profile